www.kevinweed-composer.xyz
特定調停という手段も任意整理による手続きと同じく、おのおのの債権者へ支払いを行うことを前置きとした債務整理の選択のことです。わかりやすくいうならば裁判所が行う借金整理と考えればいいでしょう。この方法も任意整理による手続きとほぼ同じく、自己破産と違いある部分のみの負債のみをまとめていくことができますので、他の連帯保証人が関係している契約を別として検討する場合や自動車ローンの分以外だけを処理したい際などにおいても活用することができますし、全ての資産を手放してしまう必要がありませんので、マイカーや不動産などの個人資産を所有しているものの、放棄したくない状況であっても選択肢になる債務整理の方法になります。ただ、後々返済が必要となる額と実現可能な給与等の収入を比較し適度に返済の目処が立てられるようならば特定調停での処理を進めることは問題ありませんが、破産手続きと違い借金自体が消滅してしまうわけではありませんので、総量がだいぶある場合などは現実問題として手続きを進めることは困難になるということになるでしょう。また、この方法だと国の機関が介在しますので弁護士などのプロに関わってもらわなくても立場が弱くなってしまう心配はないという点とか手続きのための費用を低くおさえられるという利点はあるのですが各債権者からのきびしい取り立てに債務者自身が対処することになることや裁判所に何回も出頭することが求められるといった留意点もあります。また、任意整理と比べてのことですが同意が得られないといった場合は求められている利息をそのままの金額で払っていく必要がある点やお金の貸し手に対し返済していくお金が任意整理による手続きと比較して割増しになる傾向にあるなどといった注意が必要な点もあります。